ハッカーズ その侵入の手口 奴らは常識の斜め上を行く



よくわかる最新情報セキュリティの基本と仕組み 増補改訂版―基礎から学ぶセキュリティリテラシー (How-nual図解入門Visual Guide Book)ISO/IEC27001:2005―詳解 情報セキュリティマネジメントシステム 要求事項 (Management System ISO SERIES)欺術(ぎじゅつ)―史上最強のハッカーが明かす禁断の技法ネットワーク超入門講座Windows Vista/XP で作る 最強の自宅サーバー (CD付)マスタリングTCP/IP SSL/TLS編暗証番号はなぜ4桁なのか? セキュリティを本質から理解する (光文社新書)ハッカーズ その侵入の手口 奴らは常識の斜め上を行くプロフェッショナル・セキュリティ・レビュー (アスキームック アスキービジネス) (アスキームック アスキービジネス)入門PHPセキュリティ


ハッカーズ その侵入の手口 奴らは常識の斜め上を行く
ハッカーズ その侵入の手口 奴らは常識の斜め上を行く

ジャンル:
セールスランク:87167 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 1,995 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

セキュリティ意識の向上に

技術的な話も多いので、セキュリティやソフト開発などの知識がないと正直わからないことも多いです。ただし、ソーシャルエンジニアリングなどの手法について実際にどのような手口が使われるかということも書かれているのは、参考になります。企業などでセキュリティ業務に携わっている人などには得るものは多いし、セキュリティ意識の向上の参考図書として研修などで使うのもいいのではないかと思います。
ヒーローではなく犯罪者

ここに登場する人たちはヒーローではなく犯罪者である。侵入者は人々の善意を逆手にとって悪事を働いている。彼らは相互信頼社会を破壊して、人々を相互不信に落としいれ、その一方でセキュリティ対策を教えるといって商売している。高度セキュリティ社会は情報にアクセスできる人を圧倒的な優位に立たせることになるだろう。
読み物として

技術的なハッキングの手口というものについてはほとんど触れずに、
ハッカーがなぜハッキングするのか。

ハッカーに対してのインタビューを通して、
その興味が向いている方向を示している。

難解な箇所というものがまったくないので、
専門外の人にも、読み物としてお勧め。

セキュリティの大切さと、難しさなど伝わってきます。
技術書ではなく小説

内容としては、11編からなる短編集のような感じです。
実際にハッキングを行った人物からのインタビューを織り交ぜながら、ストーリー立てて書かれています。

筆者も触れていることですが、ハッキング等の詳細はそうそう世に出てくることではないので、真実が書かれているかは判りませんが、それはさておき、読み物として十分に面白い内容でした。
コンピュータやプログラミングに関する知識がなくても楽しめる読み物として位置づけられると思います。

ただし、ただの小説として考えるなら少し値段が高いかな、と思ったので★4つにしました。
ハッキング(正確にはクラッキング)に興味があるなら楽しく読めると思います。



インプレスジャパン
FBIが恐れた伝説のハッカー〈下〉
FBIが恐れた伝説のハッカー〈上〉
Puzzles for Hackers:スクリプトキディから大人のハッカーへ (IT Architects' Archive 知の連環)
セキュリティはなぜやぶられたのか
ペネトレーションテスト入門 情報システムセキュリティの実践的監査手法