ヒューマンエラー



「競争優位」のシステム―事業戦略の静かな革命 (PHP新書)女は英語でよみがえる―語学で再就職する必勝ガイド採用崩壊!若者に好かれる会社、見捨てられる会社―小さな会社にもできる!若手人材獲得の技術ヒューマンエラー性格検査には「正答」がある!―就職適性試験対応コーチング&カウンセリングのプロが書いたコーチング・センスが身につくスキル―「自信がない」「やりたくない」それでも結果を出すコミュニケーション・スキル (1発でできるSUPERラーニング)「非常識」な組織づくりが会社を強くする―管理・査定をなくしてこそ、人は育つ!ベンチャーの旗手、川合アユムの異端の経営哲学やりなおしたい30歳以上のための就職読本―データとブログでシゴトがわかる!あなたもプロ講師になれる―講師・インストラクターのためのチェックリスト熱狂する社員 企業競争力を決定するモチベーションの3要素 (ウォートン経営戦略シリーズ)


ヒューマンエラー
ヒューマンエラー

ジャンル:
セールスランク:6746 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 2,100 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

ヒューマンエラーに対する入門書

会社で管理監督者として従事している者にとって「ヒューマンエラーを防止し災害を無くすんだ。」という経営者層の掛け声がかかるものの”ヒューマンエラーとは?”と明確に答え明示してくれる経営者層は少ない。そんな中、本書はヒューマンエラーのことを分かりやすく記しているので入門書として最適であると思う。
入門用によく整理されています

ヒューマンエラーについて、100ページ程度に簡潔にしかも明瞭に記していて好感が持てます。
よく、仕事で(製造業)外注先、またその先の二次外注が作業ミスすることがあり、
それをどうしたら防止できるだろうか、と考えて購入しました。
あとは、これを実践し、教育と管理すること。
製造業以外でも人間というものを科学するには面白い本だと思います。
ヒューマンエラーの基本文献

「ヒューマンエラー」について、事故との関係、要因の分類、対策と、全体像をコンパクトかつ平易な表現で網羅しており、専門的な知識の無い者が最初に読むのに最適と推薦できます。例えばヒューマンエラーの要因として挙げられるはじめが「できない相談」。即ち人間の感覚や動作能力の限界についての解説なのですが、図解を交え、必要な部分には数値も交え根拠が示されており、科学的解説が苦手な者(私)にも分かりやすい。その他違反や背景要因、さらにチームエラーや、分析など、ヒューマンエラーについて知るべきことの概要が示されている。コラムや事例も参考になります。
ヒューマンエラーの新しいまとめ

ヒュマンエラーは古くから取り上げられ分析・解析され、数々の本が出版され、内容が複雑でした。
しかし、この本は比較的最近の事例を題材にして、分かり易く解析・説明され、またその対応策も述べられています。
日常業務で発生しているミスの再発防止策(是正処置)を検討する場合、系統的・論理的・包括的に納得して対策を検討するのに役立ちます。効果的なミスの対策を求められているが、どの様にするか迷ったり、愚図愚図してなかなか良い対策が纏まらない場合に、一助となる。

ヒューマンエラー分野の、はじめの一歩

 ヒューマンエラーの分類、発生原因についての体系的な説明、そしてヒューマンエラーを防止するには、と、ヒューマンエラーに関しての話題に一通り、ざっとふれた入門書。体系だって説明されており、大変わかりやすいです。どの分析も、一般人(の私)の感覚からしても納得できる、バランスのとれたものたと思います。

 交通分野・原子力分野・医療分野・最近ではIT/情報システム分野など、様々な場面でヒューマンエラーを主因とする事故が起こっています。いくら技術が進歩しても、人間が作業する部分がなくならない限り、この種のエラー対策は、ますます重要になっていくと思われます。

 この本は、前述の業界のような、「ある業界に特有なエラー」の分析等は含んでおらず、およそ人間の作業には共通して起こる普遍的一般的エラーの分析にとどめています。前述のような業界に携わる人は、この後、別の専門性の高い本に入っていくのがよいと思います。



丸善
失敗の心理学―ミスをしない人間はいない (日経ビジネス人文庫)
実務入門 ヒューマンエラーを防ぐ技術 (実務入門)
リスクアセスメント―ヒューマンエラーはなぜ起こるか、どう防ぐか
ヒューマンエラーを防ぐ知恵 (DOJIN選書 4)
ヒューマンエラー―認知科学的アプローチ