カワハギ万歳! 釣った、食った、はまった (PHP新書)



エギング超入門―アオリイカの釣りを、もっと面白くする本 (Vol.2) (CHIKYUMARU MOOK―SALT WATER)空撮堤防・地磯・沖磯ガイド (三浦半島・湘南・西湘・真鶴編) (Cosmic mook)楽しむ釣り魚料理必釣!!沖釣り仕掛け―釣行前に役立つ、沖釣り全45魚種の仕掛け大公開!! (タツミムック―タツミつりシリーズ)海の人気魚をねらう仕掛け図鑑―堤防・船・磯よく釣れる!だれでも釣れる!! (主婦の友ヒットシリーズ) (主婦の友ヒットシリーズ)池永祐二の誰でも釣れる1000釣法零釣法のすべて川釣り (岩波文庫)バスのフライフィッシング入門 (OUTDOOR HANDBOOK)カワハギ万歳! 釣った、食った、はまった (PHP新書)


カワハギ万歳! 釣った、食った、はまった (PHP新書)
カワハギ万歳! 釣った、食った、はまった (PHP新書)

ジャンル:
セールスランク:121204 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 893 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

カワハギの食、釣り、生態、そして俳句満載の一冊

 本書はカワハギの魅力について様々な角度から光を当てた一冊である。冒頭の編著者である嵐山光三郎の文章がつづる、淡泊でありながら旨味の濃い身、そしてフグに無い味わいの肝の魅力にお腹をすかせたら、一気呵成にカワハギの魅力に取り憑かれてしまう。
 何せ、文章が面白い。嵐山氏と相方のシノダ氏の珍妙な俳句も必見である。なにせ、カワハギ料理に掛けて、ニガダマを取って肝食う良夜かな、である。この調子で皮剥料理から釣りまで一通り文章で堪能したら、次の書き手にバトンタッチする。
 料理人二人による骨せんべい、キモあえ、肝汁、煮付けなどの写真付きレシピに続いて、次はカワハギ釣りのテクニック、魅力、道具、船について船長さんとカワハギ釣りのヴェテラン、そして竿作りの職人さんの話が続き、カワハギ釣りへ読者を誘うと共に、蘊蓄の種も提供してくれる。
 そして、最後は基本に戻って生物学から見たカワハギとその生態について触れている。
 とにかく、第一章が絶妙の語り口でカワハギワールドへ読者を誘うので、知らず知らずのうちに興味も関心もなかったカワハギについて詳しくなってしまうという興味深い一冊である。



PHP研究所
カワハギの肝 (光文社文庫)
必釣!カワハギ―ビギナーからベテランまでボウズ脱出大作戦 (学研AVブック)
釣り宿オヤジ直伝「超」実践海釣り (講談社プラスアルファ新書)
mamboo流大釣りの極意 (集英社新書)
イカ釣り攻略マニュアル (タツミムック)