<ドクター田平の株よりローリスク! 1万円からできる>外貨で3000万円儲ける法



新賢明なる投資家 下~割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法 《改訂版――現代に合わせた注解付き》 (ウィザードブックシリーズ)FXシステムトレード 年率200%儲ける投資術知らない人だけが損をする投資信託の罠<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)内藤忍の資産設計塾―あなたの人生目標をかなえる新・資産三分法ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け細野真宏の株・投資信託・外貨預金がわかる 基礎の基礎講座<ドクター田平の株よりローリスク! 1万円からできる>外貨で3000万円儲ける法FP技能検定2級精選過去問題集 (2008年版実技編)現代の金融政策―理論と実際


<ドクター田平の株よりローリスク! 1万円からできる>外貨で3000万円儲ける法
<ドクター田平の株よりローリスク! 1万円からできる>外貨で3000万円儲ける法

ジャンル:
セールスランク:2903 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 1,575 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

単純なシステムとは。

良く、マーケットを「生態系」に例える事がある。
この「生態系メタファ」では、「継続的に、動的変化を
続けていくマーケット環境に適応し続けていく
システムである事」が重要。

しかし、「プログレッシヴな方向へ進化する」と言う
ヴェクトルを持っている訳では無い。

例えば「数億年以上、生き残っているある種のアメーバと、
数万年以上前に絶滅した、フズリナの様な原生動物」では
前者が「単純」なシステム。後者が、プリミティヴ・「原始的
・幼稚・未熟」なシステム。

ポイントは、マーケット環境の「変化への適応」と、
その結果の、「長期間のサヴァイヴァル」という事。

カーティスの言う「プロの誤謬」である「カーブ・フィッティングを
恐れて、最適化を絶対に遣らない」のでは無く、少しずつ
パラメータ調整をすれば、良いと思う。
テクニカル指標は、僅か二つだけだから。

補足。
素人か初心者向けの本書のレヴューでは、聊か「場違い」の感も
有るが、OODAの話を。
ジョン・ボイドの本を読めば、詳しい事が書いてあるが、
英語版ウィキペディアでも、概要の把握は出来ると思う。
OODAは、サイクルであり、ループである。
日足のレンジのもみ合いが、ヴォラタイル為らば、
より「小さく廻り込む」事で勝つOODA型のトレーディングを
実行する場合は、タイム・フレイムを更に短くした
デイ・トレーディングと為る。「値荒い」の時間帯を外せば
売り玉を建てていても、スワップを取られる事は無い。
田平医師が、FXに対して、如何言うスタンスで臨むかは
彼個人の問題である。私が「手法は評価出来る」と言ったのは
そう言う意味だ。トレーダー一人一人で、其々、自分の
「目標・目的」は、異なる。当然ながら、「手法」は「手段」に
過ぎない。もし、田平医師と同じ様な人生を歩みたいのならば、
京大経済と阪大医学部に行って、その後、トレーディングを
遣れば良いのだ。

10ページで足りる

タイトルから期待されるテクニックにかかわる部分を説明するだけなら、おそらく10ページもあれば十分です。それくらいシンプルです。この本の通りにやれば必勝か・・・というとそんなわけもなくて、「田平さんのような観点からFXに臨む態度」もあり得るという読み方をしておくのが無難かと思います。
入門書の1冊としてはお勧め

投資を趣味とする医師によって書かれた本。著者の本業が医師だけあって分析的な内容が良い。外貨投資の中でのFXの優位性と地著者が独自に培ってきたノウハウが分かりやすく書かれている。投資方法が初心者、中級、上級と分かれており、徐々にステップアップできる。著者が長年培ってきたノウハウを惜しみなく公開する点には好感が持てた。fx初心者でも理解がしやすい内容。ただ紙面の都合か分析に必要なロウソク足チャートの見方など端折った点があり、本書だけでは不十分。これからfx取引を始めてみようと思う方は成美堂出版の「これならわかる外資投資のはじめ方」を読むと良いだろう。
分かり易く読み易い

FXの紹介、株や外貨貯金と比べてリスク・リターンについてが大部分を占めます
その他、作者の運用方法もあり

FXとはどういった物かという説明は非常に分かり易い
また、短く簡潔に区切られており、読むのも止めるのも自在に出来る
更に、漫画チックな図解を随所に入れ、視覚的にも楽しく理解出来た

筆者は為替損益を積極的に狙うギャンブル要素の強いやり方よりも、
金利差をしっかり押さえ、更に狙える時は為替損益も狙うスタイル
超短?短期より、中長期の中で確実に利益を上げていきたい人に合っていると思います
短い期間で利益を出すやり方や考え方もありますが、当然リスクは上がります
また、リスクヘッジについても文面を割いており、
精神的な事もですが、一度に取引を行わず分けたり等、実際の運用方法もあります
特長として、多くの指標を必要とせず、関連性の高い二つを軸に予想する事かな
見る部分も考察も短くて済むので、FXの取引方法も合わせ、
時間の取れないサラリーマンに向いているやり方だと思います

ただし、少ない情報を元に取引を行う訳ですから、
精度はどうだろう?という疑問を感じました
筆者まんまの方法ではなく、時代や状況に合わせてアレンジしていく必要があるのかな
何しろ、入門書としては読み易く、非常に良いと思いました
経験者には恐らく物足りなく感じる部分もあるかと思います
リスクヘッジをしっかり取り、それでいて勝負していくタイプの人向けかな?
本を読めば小遣いが増えます

 何冊か、FXの本を読みましたが、ドクター田平の本が一番わかりやすい。何がといえば、
FXで儲けるにはテクニカル分析がたいせつですが。しかし、今更、学生でもないので、専門書を読んでも、さっぱり、理解出来ませんでした。そんな中、ドクター田平の本は違いまた。もっとも初心者にわかりやすい、しかし、解りやすいからと言って入門書どまりで終わっていない、中身の濃い本だと思います。3000万円は、むずかしいかもしれませんが、月に3千円や5千円は仕事をしていても、小遣いを増やせる方法を学べると思います。



日本実業出版社
田平雅哉のFX「スイングトレード」テクニック (WINNER’S METHOD SERIES)
外貨で月20万円稼ぎ続けている私の連勝法 (アスカビジネス)
外国為替トレード 勝利の方程式
ドクター田平の「最強」外貨投資―5年後に資産家になる
投資の王道 実践編 [通貨証拠金取引]