出逢い―この熱が冷めてしまう前に (角川文庫)



出逢い―この熱が冷めてしまう前に (角川文庫)出会いはたからもの―声を失った歌手の復活 (新風舎文庫)やるっきゃないさ!―人生を変える「出会い」が見つかる人見つからない人出会い運が開ける50の小さな習慣 (PHP文庫)なぜか「出会いがない」あなたへ出会いと物語 (シリーズ生きる)理想の人と結婚する66の法則―いかに出会い、いかに愛を育てるかマーフィー最高の自分になれる法―仕事運・出会い運・人生運を開く名言集 (成美文庫)恋と出会い運・相性運 ’05年版 (2005) (別冊JUNON占いBOOK)出会えるインターネット―もうそろそろ究極の出会いツールを使いこなしませんか? (別冊宝島 (470))


出逢い―この熱が冷めてしまう前に (角川文庫)
出逢い―この熱が冷めてしまう前に (角川文庫)

ジャンル:
セールスランク:548798 位
発送可能時期:ご確認下さい
参考価格:¥ 1 (税込)

ご購入前のご注意
当ホームページはアマゾンウェブサービスにより運営されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

隆一の才能の片鱗

河村隆一・・・現在では男性ソロヴォーカリストとして有名であるが、元々は'89年に結成されたバンド「LUNACY」のヴォーカリストで、'92年に「LUNA SEA」としてメジャーデビューした。その彼が'94年に執筆したのがこの作品です。
何よりも'94年に執筆したということが重要なのです。
当時、またはそれ以前の彼を知っている人なら共感していただけると思いますが、彼がこのような作品を書くなんて意外や意外という感じでした。
'98年以降に書かれたものであるとしたらそれほど驚かないですけどね。

展開としては、ミライがミチに「ある少年」の昔話を少しずつ語っていくというものです。(その少年とはミライのことですが)
テーマとしてはやはり「愛」でしょうなぁ。
しかし、男女の愛だけではなく、家族愛も含まれています。むしろそっちの方の比重が高いでしょうか。
けっこう考えさせられるものがあります。
「おっ!」と唸ってしまうくらいの非凡な表現力も垣間見ることができます。

少年の両親にある問題が起こった時に、心に傷を負った少年が残酷な行動に出てしまうのですが、それは純粋であるがゆえにやってしまったこと、ととることができ、そのシーンでは胸を打たれます。

私の紹介で少しでもこの作品に興味をもたれた方は、今すぐ買いましょう。

そう、この熱が冷めてしまう前に・・・



角川書店
君の泪は銀色の風
Once again
evergreen anniversary edition